新しいガリウムは、ガリウムプロと同形状のモールドを使用して、性能とコストのバランスを高い次元で達成しました。

IMPRESSION

オールラウンドに使える軽量クライミングバイクのGALLIUM PROとまったく同じモールドを用いているGALLIUM。フロント三角のチューブはボリュームがあり、フォークはクラウン部分がしっかりとした形状のストレートフォークでパワフルな印象を与える。一方でリアのバックステーは細身にして振動を逃し、剛性=パワー伝達性を担うチェーンステーはフロント同様にボリュームがある。

大きな違いはフレームとフォークに使われているカーボン繊維のグレードや積層方法だ。フレーム形状から予想するに、チューブ形状を大口径化したことで重量の軽さとねじれ剛性を両立し、バックステーのしなりによって振動を減衰することでコンフォート性能も兼ね備えたといったところだろう。トレンドに忠実なカーボンフレームだが、加えてARGON 18専売特許のプレスフィット3Dシステムが搭載されていることが大きい。15mmで5%、25mmで11%の剛性を損失するといわれるスタンダードなスペーサーコラムの代わりに、ヘッドチューブと同一の口径のヘッドスペーサーを用いることで最適な剛性を維持できるシステムで、外観的にもフレームと一体感がうまれ、元々のスタイルを保つことができる。GALLIUMも3サイズ(0mm、15mm、25mm)のスペーサーを用意している。

そして走りの要ともいえるホイール、近年ではとくにリムは規格の変更が著しいが、GALLIUMは28mmまでのワイドサイズのタイヤも使えるクリアランスをもっているのも特徴。すなわち幅広いシーンでのライドを見据えているのだ。シートポスト径は、一時大口径化が進んだが、オーソドックスな27.2mm径が再評価されている。GALLIUMももちろんこのサイズを用いているが、調整しやすい上に快適性も高く使い勝手が良い。

GALLIUMはセカンドモデルという印象が強いが、ライディングフィールはGALLIUM PROと二分するほどコンペティティブといってもよい。というのも軽量なGALLIUM PROよりも76gほど重たい(といってもフレーム単体で835g)が、その恩恵か操作安定性はGALLIUM PROを超えるだろう。剛性においては同等クラスで、軽く踏んだだけでも伸び伸びとした加速フィールを楽しめる。もちろん巡航性能も高いが、スピードが出ると挙動が不安になることもある。GALLIUMならどんな速度域でも安心感のある快適な乗り心地だ。レースに出たい! と思ったらこのバイクをお勧めしたい。GALLIUMは苦手なシーンが存在しない、納得のオールラウンド・ハイスペックバイクだ。

インプレッションライダー 山本健一

試乗車実測重量 7.05kg

SPEC

カラーGrey/Black Gloss
サイズXXS・XS・S・M
フレーム価格¥280,000(税別)

GEOMETRY

geo-gallium-pro
SIZE*XXSXSSM
CLASSIC44-4647-5051-5354-56
A cm42.045.549.353.0
B deg75.574.574.073.5
C deg71.072.072.772.7
D cm49.951.953.955.9
E cm40.640.640.640.8
F cm96.196.497.299.0
G cm6.57.07.57.5
H1 cm7.58.511.014.0
H2 cm9.010.012.515.5
H3 cm10.011.013.516.5
I cm67.470.073.076.4
J cm47.449.252.355.2
K cm37.438.239.540.1
*スローピングトップチューブ